人がやっているから

先日、とある川で45組の

グループがバーベキューをしていました。

法律上禁止されていることではない

のですが、行政がしないようにと注意を

呼びかけている場所ではあります。

というのが、過去に急な大雨で川が氾濫し、

事故が起こっているからです。

事故があってからもこのような感じで、

バーベキューをやる人は絶えない

ようです。

こういうのってあれですよね。

他の人がやっているからやろうとか、

自分たちだけやらないのは損だとか

そういう気持ちもありますよね。

危ないとわかってても自分たちは

大丈夫だとか、

今日は雨降らないだろうし、

みたいな気持ちもあるでしょう。

私はここで倫理観の話とか、

自己責任の話をしたいわけではないです。

この心理が、なんとなく私がノウハウ

ばかりを求めていたのと似ている気が

しています。

人がやっているから自分もやろう。

誘われたからやろう。

自分だけ知らなかったら嫌だからやろう。

こんな理由があったと思います。

もちろん、ノウハウを得えれば売上が

上がるという単純な考えもありましたが。

なんとなく人に流されているというか、

自分の意思はあるんだけれども、

そこまで強くないというか。

対自分ではなく、

対他の人になってしまう状態ですね。

自分自身に明確な目的、目標がないから

このようなことになってしまって

いたのだとあらためて感じました。

書いていながら、

そこまでバーベキューをやる心理とは

関係ないなと思いましたが、

こういった気持ちを思い出すきっかけと

なったということで良いでしょう笑

メールマガジンへのご登録はこちら