ゴマすり

ゴマすり、おべっか、おべんちゃら。

自分の利益のため、他人なおもねりへつらう人。

すり鉢でゴマを摺ると、鉢のあちこちにすりつくことから、

四方八方にくっついて気にいられようとする人のことをいうようになった。

  美しい日本の言葉 より

{ゴマすり」とバカにしながら、ごまをすられるのは気持ちよく、

そういう人を部下として自分の周りにおきたがる。

田舎ものには、この種のテクニックは持てなかった。

広告を非表示にする