天気予想が、あったので貼ります。

天候&体感の特徴

東日本

【8月下旬:関東はスカッと夏空が恋しい…】

低気圧や湿った空気の影響で、曇りや雨の日が多くなりそう。内陸山沿いではゲリラ雷雨に注意が必要です。

気温は平年並みかやや高めの予想。ただ、関東は夏らしいジリジリした暑さはあまり戻らず、ムシ暑い梅雨のような体感が続く可能性があります。

【9月:厳しい残暑と台風に注意】

前半は高気圧に覆われて晴れる日が多く、厳しい残暑となりそう。熱中症対策を万全に。また、ゲリラ雷雨の発生に注意が必要が必要です。

後半は台風の影響で荒れた天気になる恐れがあります。台風の発生とその動向に注意を。

各地で気温は平年よりも高くなる見込みです。

【10月:上旬は大雨に注意】

天気は周期的に変化。上旬は関東や甲信、東海を中心に、低気圧や前線、台風の影響で大雨となる恐れがあります。

下旬は、周期変化ながらも各地で秋晴れとなる日が多くなる見込みです。

気温は平年並みで、段々とヒンヤリと感じられるようになり、秋物アイテムが活躍します。

紅葉は色づきが進んで、見頃の地点も増えていきそう。早めの紅葉狩り計画を。